【美肌を目指すスキンケア】化粧水と美肌の関係

美肌を目指すためにスキンケアは必須。ですが、そのケアが間違っていた場合には、充分な効果が得られないばかりではなく、場合によっては逆効果になる事も。それってとっても怖い事ですよね。

 

そんな事にならないためには、正しいスキンケアの知識を身に着けるのが一番です。先ずは基本から身につけましょう。それを基準に、元々の肌質・求める肌の状態・トラブルの有無など、加味すべき条件を元に見直してみる、そんな方法でケアしましょう。

 

そこで、今回ご紹介するのが化粧水について。スキンケアの基本ステップは3つ。メイクなどの汚れを落とす→洗顔を行い肌に残った汚れを完全に落とす→保湿する。

 

この保湿ですが、昔は化粧水で保湿するというのが一般的でしたが、実は今はこの方法が変わってきているのです。

 

【化粧水と美肌の関係】

化粧水で保湿を行い、乳液でフタをする。

 

ある一定の年齢以上の人にとっては、この方法はスキンケアの常識でした。しかし、この方法は、既に過去形の方法になりつつあるのです。

 

≪化粧水はもはや必要なし!?≫

洗顔後に肌に乗せる化粧水のあのみずみずしさ。気持ちいいですよね。しっかり肌が潤いで満たされた気持ちにもなります。

 

しかし、これは錯覚だったのです。肌が本当に潤いで満たされるには、必要なのは水分ではなく保湿成分。水分だけでは役に立たないことが分かってきたのです。

 

≪化粧水から保湿美容液へ≫

そこで今注目を集めているのが、化粧水ではなく油分も適度に含んでいる保湿美容液です。

 

これまでの長きにわたって根付いてきた保湿=化粧水といったスキンケア習慣に、自然に浸透させるためなのか、あるは分かりやすさを追求しているのか、成分は保湿美容液と言える内容なのに、化粧水・ローションと銘打って販売されている物も多く存在しています。

 

こうなると、化粧水であるか、保湿美容液であるのかの区別がまだまだ明確になっていませんので、消費者としては何を選択すべきか迷いますよね。それを見極めるには成分をチェックする必要があります。

 

ここでは、保湿に有効な成分についてご紹介します。

 

≪保湿美容液に必要な成分は大きく分けて3種類≫

保湿美容液に必要な成分は、保湿成分・ビタミンC誘導体・抗酸化性分の3種類。

 

〈保湿成分〉

保湿美容液ですから、保湿成分は必須。配合成分として有名なのがヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなど。

 

コラーゲンもヒアルロン酸も、本来は肌の奥深い真皮部分に存在し、肌を基礎から保湿する働きを担っています。保湿美容液で肌表面につけたとしても、真皮にまでは届きませんので、肌から補ったとしても、本来の働きをサポートする事はありません。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているのは、保湿力の高さを肌表面の保湿に活用するといった目的があるのです。

 

セラミドについては、元々肌表面の角質層で水分を保持しつつ肌を潤わせている成分ですので、セラミドを肌に補えば、ダイレクトに肌の保湿に役立ちます。

 

ただし、セラミドにもいくつもの種類があり、またスキンケアの原料としては高価格な成分ですので、1か月3,000円を下回る安価なアイテムには有効な成分はまず含まれていないと認識しておきましょう。

 

〈美白・エイジング・ニキビ対策〉

美白・エイジング・ニキビ対策に有効なのがビタミンC誘導体。化粧水に配合する事で肌からの吸収力が高くなりますので、非常に高い効果が期待できます。

 

〈抗酸化成分〉

抗酸化成分とは、肌の老化を招く「酸化」を防ぐ成分です。ビタミンE・アスタキサンチン・リコピンなどが有名です。

 

≪正しい保湿美容液のつけ方≫

〈やっぱり手が一番!〉

最適な保湿美容液、つまり保湿ローションを選んだら、次は正しく肌につけましょう。

 

コットンを使う方もおられますが、どんなに優しい成分のコットンであっても、毎日朝晩コットンを使うとなると、どうしても肌への刺激は避けられません。

 

そこでおススメなのが手のひら。微妙な力加減も出来ますし、なんといっても自分の肌ですので、肌への刺激材料にはなりません。ローションをつける時には、「手の平で優しく」と覚えておきましょう。

 

〈適量を優しく〉

使用方法に従い、適量を手に取ります。書かれていない場合には、500円硬貨の大きさを目安にします。

 

手のひら全体に伸ばしたら、手のひらを顏に優しく押し当てるイメージで保湿美容液をつけます。顔の凸凹部分・小鼻・口の周辺・目の周辺には指のはら部分を使って優しく肌になじませましょう。

 

この時、たたいたり、強く抑える必要はありません。肌に触れる時には、あくまでも優しくが基本です。1回の使用でも未だ肌の乾燥を感じる場合は、量を調整しつつもう一度同じことを繰り返します。

 

ただし、あまり多くつけすぎるのもNG。肌に浸透しなかった保湿剤が自然乾燥をはじめ、その時に肌内部の保湿成分を奪ってしまいます。こうなると、逆に肌の乾燥を招く事になります。

:敏感肌の化粧品

適度に保湿された場合、手のひらを肌にあてた時、肌がもちもちとしていて、手のひらに吸い付く感じになります。これが保湿完了のサインと覚えておきましょう。

 

【まとめ】

長年信じられていたスキンケアの基本である保湿の概念は、化粧水での保湿から、保湿美容液での保湿に変化を遂げています。

 

きっちり汚れを取って、しっかり保湿する。これがスキンケアの基本中の基本です。そして、自分に最適なアイテムをチョイスして、正しい保湿を行うことで美肌へと導かれるのです。せっかくなら、最大限効果の上がるスキンケアをマスターし、美肌を実現しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です